読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間の認知能力に対する挑戦

レビュー

女の子になって、レズ責めされちゃった僕。 大槻ひびき 波多野結衣』のレビューです。

 

この作品は全編主観でなおかつ自分が女の子になってレズプレイをするという今までに

なかった画期的なAVです。最初は少し違和感があるのですが時間が経つにつれて本当に

自分が女の子になってレズなんじゃないかと錯覚させられます。自分に胸が付いていて

なおかつあそこも無くなっているんですが主観でその映像が続くと人間の脳って騙され

てしまうんですね。自分に存在しない部分がなんだかむずむずしてきます。なおかつ責

めるのがひびはたコンビでバイノーマルサウンドとなれば臨場感が半端じゃありませ

ん。ただ問題なのは素晴らしすぎる女優を起用したことによってこの企画が本当に素晴

らしいものなのかそれとも女優の超絶技能によって成立しているのかわからないので企

画自体の評価がつけ辛いことと、むらむらはするのですがその処理をどうしたらいいの

かわからないことです。ただ間違いなく画期的で内容も素晴らしい作品なのでAVオタク

を名乗るなら是非観なければならない作品でしょう。

 

www.dmm.co.